トランクルームの便利な利用方法

トランクルームには色々な種類があります。家には置けない大切なものや決まった時にしか使わないものなど、種類タイプ別に分けて使うと家を広く使えたり、あれこれ探す必要がないなど良い点がたくさんあります。また、ルーム内の環境や管理方法もどの種類にするかによって違ってきます。個人で使う場合、会社の倉庫として使う場合、一時的に保管するのか長期で保管するのかなど、使い方次第で日常を快適にすごすことができます。キレイに保管できるように梱包はどのようにしたらよいのかということもあります。大切な物を手元から離れた場所に置くわけですから、色々心配もあるでしょう。そんな時に保険に入っているかなども気になるところです。そのようなセキュリティの面でも比較検討し上手く利用できると良いですね。

どんな時にトランクルームを利用するのか

トランクルームの利用方法は色々あります。例えば引っ越しの時など、一時的に家財道具を預かってほしい時に重宝します。引っ越し先に一気に荷物を入れてしまうと、後から何が何だか分からなくなってしまうことも多くあります。そんな時には便利に使えます。普段あまり使わないものなどを入れておく時も使えます。趣味の物や大切な思い出の品などを補完しておくことにも使えます。海外への赴任や長期の旅行時など、一時的に家を空ける時に保管用として使うこともできます。予備のクローゼットとして季節ごとの衣類を入れておくなどといった使い方もできます。また、防災グッズを保管しておくなどにも使うことができます。震災の時に自宅が倒壊してしまった場合でも安心です。大きな震災があった時などは被災した親類を受け入れることもあるでしょう。その時に家のスペースを確保したい時などにも使うことができます。

種類と環境について知っておこう

種類は大きく「屋内」と「屋外」に分けられます。「屋外」はコンテナタイプのものです。コンテナタイプの特徴は出し入れする際に車を横付けできるという利点があります。また、料金も屋内タイプよりも安価になっています。ただし、空調の管理はほとんどされていないため、常温保管になり、湿度の調節もできません。セキュリティの面でもやや不安があり、管理は自己責任の場合が多いです。「屋内」は建物の中に設けられた部屋です。空調設備が整ったものが多く、湿気を嫌うもの(人形や楽器など)を保管できます。セキュリティもしっかりしているので安心して預けることができます。その分料金も高めで、利用料以外に管理料などの費用がかかることがあります。どちらのタイプも24時間出し入れ自由な場合とそうでない場合があるので、利用する前に色々比較検討してみると良いでしょう。